こずえ通信

セラピストとしての枠を広げるために!

これまで、教育・心理・福祉の面からの学びはしてきたが、こころとからだの健康を掲げているからには、身体についての専門性もさらに高めなければ!と解剖生理学を学び始めた。学生時代は、保健体育を専攻しており解剖生理学についても一般教養よりは専門的な勉強はして来たが、如何せん40年以上前のことである。医学は進歩しており初心にかえって学び直すつもりだ。

先日、学生時代の教科書を引っ張り出して来て懐かしく眺めたが、その折にパラりと数枚のレポート用紙が落ちた。43年前の解剖学のレポートだった!今とは違い、鉛筆書きのレポート!人体図も手書き!自分が書いたものとは思えないほど見事なものだった。それより驚いたのが担当教官である。「森 富」あれ?何て読むのかな?記憶になかった。大学教授だから検索すれば出るかも・・・とスマホで調べたところ、なんと!なんと!彼の文豪「森鷗外の孫、森富 もりとみ 東北大学医学部解剖学教授」とあった!!

恥ずかしながら全く記憶になかった・・・おそらく、講義にもほとんど出たこともなく、例よってレポートだけ提出したに違いない。評価は見事に「C」ギリギリの及第点(笑)

新しい教科書を入手したが、カラーで立体的なリアルな図解!これならかなりしっかり理解出来るだろう.。

在宅ワークは、移動時間がなく家事や家業、自分の仕事など自在に遣り繰り出来るメリットがある。反面、運動不足、マンネリ化などのデメリットも・・・そんな時は教科書と軽い雑誌を持ってお気に入りのカフェへ!

今日もいつもの「風光舎」さんで、お決まりのコーヒーとパンを頂きながら、ノルマのページを進めた。

何となくいい感じ

素直に自分らしく!は、自分自身へのメッセージ・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP